価値観や考え方が変化しました

この時間を大切に

結婚して三年がたちました。
結婚してすぐに妊娠が判り、それまで勤めていた会社を退職して、そのまま専業主婦として生活をしています。
今は育児にかかる時間もあり、午前中は家のことをしなくてはいけないので、実際のところ自分だけのゆったりした時間を取ることはなかなか難しい状況です。

たまに、一人で一日過ごしてみたいなと感じることもあります。
OL時代の休日は本当にゆったりとしたものだったと、懐かしむこともあります。
学校を卒業して働き出してしばらくは、学生の頃のように友人と遊ぶと言ったことができないことに少しさみしさを覚えたりもしました。
一週間のうちに休日は一日か二日しかないわけです。
そうなってくると、彼氏がいれば彼氏との予定を優先させて過ごすことが多くなります。
私自身も彼氏がいる間は、友達を恋しく思うこともあまりなかったのですが、一人になると、友達が恋しくなったものでした。

しかし、そのうちに休日は自分のために時間を使うことがうまくなってきました。
予定が何もなくても、寂しいとか退屈だなとあまり思わなくなってきたのです。
予定がなければ、部屋を思いつくままに掃除してみたり、ただ音楽を聴いていたり、とにかくやりたいと感じたことをしているだけで何となくくつろぐことができました。
部屋にいることに飽きてきたら、これも思いつくままにショッピングに出かけてみたり、とにかく自由に過ごすことができたなと本当に感じます。
私は結婚が遅かった方なので、一人でいた時間を楽しんできた方だとは思うのですが、もっともっと、一人でしかできないことをたくさんしておけばよかったなとたまに感じるほどです。

でも、今は子育てに一生懸命なのでそんなことを考えている余裕はありません。
子どもの吸収力って本当に早いですね。
ほんの少し前までたどたどしくしか話せていなかった気がするのに、あっという間に会話が出来るようになりました。
いろんなことに興味津津で、知らない間に親の動作を覚えて真似ていたり、テレビで話していた言葉を真似ていたり、毎日新しい発見でいっぱいです。

日々、子どもの成長を感じるほど、正しい子育てってなんだろうという不安にも駆られます。
この子が将来、真っ当な大人になるには、今からどんな風に教育していけばいいのか分からなくなってしまうのです。
なので最近は、ちょっとでも自分の時間が出来たら子育て関係の調べ物をしています。
今はいろんなサイトや、本があって便利ですね。(オススメ*子供の教育プロジェクト
OL時代のように自分の為に使う時間は無くなりましたが、今の子どもの為に使う時間もとても充実しています。
母になったからこそ味わえるこの感覚を、大事にしたいと思っています。